入居中

賃貸の退去費用の高額1位は【におい】安心で強力な除菌・消臭で退去に備えよう

相談者
相談者
退去費用で消臭クリーニングを請求されましたがとても高額です。
相談者
相談者
クリーニング業者がタバコやペットに使う消臭剤は安全なのですか?
相談者
相談者
おすすめの消臭剤はどれですか?
たすけ隊
たすけ隊
おすすめのにおい対策の消臭剤は次亜塩素酸水と最近よく聞くのではないでしょうか?類似品や効果がない粗悪品などが多くあります。
このページで分かること
  • 退去費用で『におい』が高額になる理由がわかる
  • 業者がペットやタバコ臭のクリーニングに使う消臭剤がわかる
  • 消臭剤にたくさん注意点があるのがわかる
  • おすすめの商品がわかる

退去費用で1番高額な「消臭クリーニング」

相談者
相談者
え?

クロスやフローリングの修繕費よりも、においの方が高額なんですか?

たすけ隊
たすけ隊
はい。

クロスやフローリングなどの生活キズは通常損耗でそもそも費用の負担はありません。

ですが、においは全額負担なので注意が必要です

消臭クリーニングが高額な理由

たすけ隊
たすけ隊
退去費用で消臭が高額になる理由が3つあります。

1.全室が対象

相談者
相談者
タバコはリビングだけでしか吸っていないのにキッチンや廊下も負担しないといけないの?
相談者
相談者
ペットはケージから出してないのにその部屋以外の消臭は納得できません。

という意見がありますが、室内の空気が外に漏れないということはありえません。

ドアの隙間や人の移動のたびに他の場所にも「におい」が広がっていますので全室負担が当然になります。

負担する範囲が室内全部なので高額になりがちです。

2.消臭はハウスクリーニング業者とは別業者

「におい」は普通のクリーニング業者では扱わない専門的な道具や消臭剤などが必要であり、専門業者に依頼しないといけないことが多いです。

1ルームの部屋の消臭だけで4~8万円前後が一般的で、退去費用の全国平均が5万前後なので消臭だけで倍負担になり、高額になりがちです。

3.周りに影響を与えて被害が増える

長い期間「におい」がある状態が続くとクロスやドアなどに染み込んで消臭クリーニングをしても落ちないことがあります。

「におい」だけでなくクロスなどが変色した場合も漂白も必要です。

においも変色もクリーニングをした後でないと落ちるか判断が出来ないので、落ちなかった場合にはさらに張替えや取替などの弁償が必要です。

原因が「におい」と明確で減価償却されないドアや柱など満額負担で高額になりがちです。

「におい」はどうしたら解決する?

相談者
相談者
費用を抑えるためにはどうしたらいいですか?
たすけ隊
たすけ隊
クリーニング業者が使う次亜塩素酸水で対策することをおすすめします。

次亜塩素酸水とは?

塩と水を電気分解して作られた消臭剤で安全性が高く除菌消臭剤として使用されています。

使われている場所
  • 全国の給食センター
  • 赤ちゃん用ウエットティッシュ
  • 無農薬野菜
  • コロナなどの除菌対策

厚生労働省から食品の除菌・消臭剤として認定されており、アルコールのように肌荒れにはならず材料が塩と水だけなので除菌や消臭後はただの水に戻り、小さな子どもがいる家でも安心です。

効果はあるの?

消臭としての効果も強力で孤独死現場やペット多頭飼育現場、タバコやペット可物件の消臭に業者が実際に使用するレベルです。

ただし、においは染み込んでしまうと空間が消臭されても染み込んだモノからにおいを発してくるので普段から継続して使用する必要があります。

効果の面でも、除菌消臭には次亜塩素酸水がおすすめで、どんな場面でも使えるほど、安全性と除菌消臭性を兼ね備えています。

さまざまな業者が使用している次亜塩素酸水で、今すぐにおい対策をはじめましょう。

注意点はあるの?

たすけ隊
たすけ隊

とてもたくさんあります。

安全で効果も高いですが保存性が悪く、取り扱いも難しい上に類似品がたくさんあります。

注意点1:製造日から1年以内の製品を選ぶ

次亜塩素酸水は製造日から最長でも1年しか効果がありません。半年くらいから効果が減少していき、最後は水になってしまいます。

製造年月日が新しい商品を選びましょう。効果がある次亜塩素酸水には、塩素臭があります。

注意点2:水道水で希釈する製品は×

相手側
相手側
水道水で希釈できます

と説明文で書かれている希釈タイプの製品は辞めましょう。水道水に入っている塩素でも化学変化で効果がなくなる可能性があるくらいデリケートです。

また、次亜塩素酸水は、最適な希釈バランスでなければ効果を存分に発揮できません。

このような製品でも薬局で販売している精製水や純水で希釈すれば使用は出来ますが余計な費用から選ばない方が無難です。

注意点3:成分に炭酸ガスが入っている製品は×

次亜塩素酸水を製造する材料は塩と水だけではなく、炭酸ガスと次亜塩素酸ナトリウムでもつくれます。

ナトリウムは安いですが、濃度によって肌や内臓に深刻なダメージを与えます。当然、水と塩から作るより安全性は低いです。

また、次亜塩素酸(水の表記がない)という表記で販売されることもありますので成分表をチェックしましょう。

注意点4:直射日光にあてない

注意点1でも紹介しているように次亜塩素酸水は、非常にデリケートです。そのため、直射日光に当たってしまうと、簡単に劣化してしまいます。

遮光性のないスプレーボトルではすぐに効果がなくなってしまうため、遮光性の高い容器に入れ、日の当たらない暗所に保管しましょう。

注意点5:類似品や偽物を購入しない

次亜塩素酸水は、国が除菌消臭効果を認めていて安全に使える製品です。

その一方で、簡単に製造できることから、類似品や偽物が多く存在しています。

次亜塩素酸ナトリウム

塩素系ハイターの主成分です。

濃度によっては、皮膚や内臓にダメージを与えたり、酸性洗剤と混ざり有毒ガスを発生したり、といった恐れがあります。

次亜塩素酸水の製造で使用する場合もありますが、適切な濃度を守る必要があるので注意しましょう。

電解次亜水

電解次亜水は、次亜塩素酸ナトリウムを薄めたものと同等と、厚生労働省にみなされています。

次亜塩素酸ナトリウムと同じく、薄めであっても、身体へのダメージや、有毒ガス発生のトラブルが起きる可能性があり、危険です。

微酸性電解水

微酸性電解水は、成分に塩酸が含まれている可能性があります。塩酸は大量に吸入すると中毒を起こす可能性があり、注意が必要です。

次亜塩素酸水のおすすめ商品は?

相談者
相談者
自分で選ぶのが不安になってきました。おすすめはありますか?

はい。原材料や説明書を確認の上、安心して使用できると判断した商品を紹介いたします。自作タイプは純水や精製水で作る点に注意ください。

まずはお試しスプレータイプ
継続消臭の置き型タイプ
作ってそのままスプレータイプ

継続して沢山使うタイプ

加湿器のプレゼントキャンペーン中
作りたての次亜塩素酸水が定期的に届く
自分で作る手間や分量に注意しなくて良い

 

 

 

 安心で強力な除菌・消臭で退去に備えよう まとめ

たすけ隊
たすけ隊
最後に、この記事の要点をまとめておきます
この記事のまとめ
  • においは退去費用で一番高額
  • においが染みつかないように普段から対策が必要
  • 次亜塩素酸水が安全で効果も高いからおすすめ