入居中

賃貸で設備が壊れて修理を依頼する時に押さえるべきポイント5点

壊れた設備 依頼のコツ
たすけ隊
たすけ隊
賃貸のお部屋に長く住んでいると、古くなって備え付けの設備が壊れてしまうケースはよくあります。

そのような時に

事例
相談者
相談者
管理会社に伝えたら対応してくれなかった。
相談者
相談者
家主に伝えたら放置された

たすけ隊
たすけ隊
とならない為にどのような対策をしたら良いのかをまとめました。

 

 

 

お部屋の設備が壊れてしまったら誰が負担?

 

たすけ隊
たすけ隊

基本は家主の負担です。

民法606条にしっかりと記載されている内容なので拒否した場合、家主さんは民法義務違反となります。

具体的には、

事例
相談者
相談者
雨漏りしているのを放置したせいで1部屋が使えないまま
相談者
相談者
部屋の設備として付いていたクーラーが壊れたのに修理をしない
相談者
相談者
水道から「赤水」や「さび」が出てくるのに対応しない
相談者
相談者
古くなって流し台にヒビが入ったまま

たすけ隊
たすけ隊

は、

家賃をもらっているのだからその金額分、しっかり使える状態にしなければならない義務

で家主さんが対応しなければなりません。

 

しかし!!

これまでの法律では

家主さんが負担をしないといけないとは書いてあるが、許可がないと勝手に対応したらダメ!

だったので泣き寝入りしたという声を良く聞きます。

 

 

2020年4月1日から

一定期間に対応しない時
(事例 クーラーが壊れた時)

緊急な場合
(事例 雨漏りしてしまった時)

 

には入居者が修繕をして家主に請求することが民法で認められます

ざっくりと

「家主さんに連絡をしても対応しない場合、入居者が業者を呼んで修理を依頼することが

合法!

です。

注意点もございますのでご確認ください。

 

記録が大事!!

記録なし
相談者
相談者
クーラーが壊れたのですが
相手側
相手側
こちらは保証しないそうです。

ご自身で買ってください。

相談者
相談者
契約書に設備と書いてあるのに保証しないのでしょうか?
相手側
相手側
はい。

家主さんからそう言われたので申し訳ございません。

泣き寝入り

 

記録あり

メールで

相談者
相談者
クーラーが壊れたのですが
相手側
相手側
こちらは保証しないそうです。ご自身で買ってください。
相談者
相談者
契約書に設備と書いてあるのに保証しないのでしょうか?
相手側
相手側

はい。

家主さんからそう言われたので申し訳ございません。

相談者
相談者

設備としてあるのに補修しないのは民法606条(賃貸人の修繕義務)違反となりますので、先のメールを

家主が修繕拒否した証拠

とさせていただき、家主に内容証明をお送りさせていただきます。

相手側
相手側

店長の○○でございます。

この度は大変申し訳ございません。

担当が家主様に確認せずに解答しており、家主様に修繕しないという意思はございません。

まずは業者に状態確認をお願いしたいのですが、ご都合を教えていただけないでしょうか?

「記録」でトラブルを80% OFF
【必読】賃貸トラブルを80%以上防げる『知識』より大事なこと ▼ YouTubeで読む ▼ https://youtu.be/x6F9bEgkThk 『記録』がトラブルでは1...

 

家主が負担しなくても良いケースもある

生活の中で消費するものや契約書で記載されている項目

電球が切れた

クーラーをクリーニングしたい

「古くなっても入居中に畳の張替え等は負担しない」という特約

「前入居者が残したクーラーなので保証しない」という特約

などですね。

部屋の中の設備故障については全て入居者負担

等の特約は消費者契約法10条に違反し、一方的な特約は無効に可能性がとても高いですのでご注意ください。

 

 

クーラーが壊れたが修理してくれない対処法

メールで

相談者
相談者
クーラーが壊れたので直してくれませんか?
言い訳
相手側
相手側
電化製品ですので古くなって壊れてます。

ご自身で購入お願いします。

相手側
相手側
家主が入居者で負担するよう案内がありました。
相手側
相手側
クーラーは入居者負担です。
相手側
相手側
設備の保証はしてませんので入居者負担になります。

 

相談者
相談者

契約書の設備にクーラーの記載があり、退去時のクーラークリーニングの費用負担の特約も記載されている上に壊れたら入居者負担と記載もないのでお部屋の設備なのは明らかです。

民法608条(賃貸物の修繕等)の違反行為とみなします。

 

また、2020年4月1日より施工された民法607条の2の1(賃借人による修繕)の

「修繕が必要な旨を通知し、賃貸人がその旨を知ったにも関わらず賃貸人が相当の期間内に修繕をしない時、賃借人はその修繕が出来る」

に基づき、1週間以上放置された場合はこちらで修理を依頼します。

請求は管理会社へお送りしてもらいますので対応お願いします。

合わせて民法608条(賃借人による費用の償還請求)に基づき修理費用及びこちらで動いた人件費(5万円)を合わせて請求させていただきます。

 

なお、民法608条違反及び607条の証拠とするため、このやりとりを証拠として保管させていただき、裁判や不動産協会や消費者センターへの相談、賃貸トラブルたすけ隊への事例として提供することがございますのでご了承ください。

 

 

ざっくり要約

クーラーは設備です。

法律通り、対応しないならこちらで修理を依頼しますし、人件費(強制はできない)も請求しますよ。

そしてこのやりとりは証拠にします。

嫌ならちゃんと対応してね

 

☑壊れても勝手に修理をしてはダメ。

ちゃんと報告した証拠を残そう

 

☑相手へ法律違反だと認識させた上で返事をもらうことで言い訳できないように

 

☑請求書を管理会社や家主さんに送ってもらう

 

☑領収書は必ず必要!

 

 

 

雨漏りしたのに対応してもらえない対処法

メールで

相談者
相談者
雨漏りしているのですぐに対応してください
言い訳
相手側
相手側
家主が様子を見ると判断されました
相手側
相手側
お金がないので対応出来ません
相手側
相手側
雨漏りは自然災害ですのでご自身で対応お願いします
相手側
相手側
家主が火災保険に未加入ですので対応出来ません
相手側
相手側
上の階が原因なのでこちらでは対応できません

 

相談者
相談者

雨漏りで部屋が使えない状況ですので、賃貸契約の契約不履行に当たります。

上階が原因

賃貸借契約を家主と結んで被害が出てますので、上階とやりとりする必要はなく関係ございません。

また、上階が対応しないことでこちらが被害を受けたことを我慢しなければならない理由にはなりません。

よって、

1.雨漏り時から解決までの期間、民法611条第1項(賃料減額請求権)に基づき賃料を半額に減額請求

2.民法606条(賃貸物の修繕等)の違反行為及び、2020年4月1日より施工された民法607条の2の2(賃借人による修繕)の

「急迫の事情があるとき、賃借人はその修繕が出来る」

及び民法606条(賃借人による費用の償還請求)に基づき修理費用を請求するとともに、雨漏り解決までのホテル代を合わせて請求させていただきます。

請求書は管理会社へお送りしてもらいますので対応お願いします。

なお、民法606条違反及び607条の証拠とするため、このやりとりを証拠として保管させていただき、裁判や不動産協会や消費者センターへの相談、賃貸トラブルたすけ隊への事例として提供することがございますのでご了承ください。

ざっくり要約

雨漏りでちゃんと住めない状況です。

なので、雨漏りの状態を我慢するので家賃を下げてください。

合わせて、直さないなら法律通りこちらで修理の依頼をかけて家主に請求書を送ります。

その時はホテル代も請求(強制はできない)も請求しますよ。

嫌ならちゃんと対応してね。

 

☑雨漏りの写メをすぐに撮る。

出来れば動画

 

☑濡れた家具や衣類も写真を撮る

 

☑加入している火災保険にすぐ連絡

 

☑勝手に修理はダメ。

ちゃんと報告した証拠を残そう

 

☑請求書を管理会社や家主さんに送ってもらう

 

☑相手へ法律違反だと認識させた上で返事をもらうことで言い訳できないように

 

☑領収書は必ず必要!

 

 

まとめ

今後は修理が必要な時に家主さんの許可は必要なく、報告だけで良くなります

これは間に挟まれていた管理会社にとっても、入居者にとっても良い情報ですね。