退去

退去立ち合いはデメリットだらけ!オススメしません!!

退去立ち合いはデメリット
相談者
相談者
良ければですが、どのように退去費用の請求がちゃんとしているのかを判断したのかを教えてもらうことは可能でしょうか?
たすけ隊
たすけ隊
契約書と特約、請求書の明細で判断していますよ。
相談者
相談者
退去立ち合いは関係ないのでしょうか?
たすけ隊
たすけ隊
はい。退去立ち合いは業者や家主側が

「汚したのはお前だ」
「サインしてください」

と主張するだけなのでデメリットが多く、そもそもオススメしておりません。

契約書に立ち合いが必要と記載がなければ、しなくても良いと考えております。

立ち合いの準備はこれで完璧
退去立ち合いの具体的な流れと注意点【完全版】 実例 ...
相談者
相談者
そうなのですか。
立ち合いしない場合はどのようにしたらいいのですか?
たすけ隊
たすけ隊
室内を細かく動画で撮って鍵を不動産屋さんに返したら大丈夫ですよ

 

ただし、退去までのやりとりもメールをオススメいたします。

電話だとテキトーな理由をつけて、

「立ち合いは義務です。」

「後から不利になります。」

「サインが無いと退去を認めない」

と、言ってきますが、

全部嘘です。

電話を取ってしまったら、

「議事録、

先の電話で~言われたこと~と言われました。
会社としての発言でよろしかったでしょうか?

メールで返事ください」

のようにメールしてみるとすぐに謝罪か、脅迫の電話がきます

虚偽の主張をしているので、どうにかごまかそうという感じですね。

電話は取らずに

「メールをお願いしたのに電話をかけてきたことについて説明をお願いします。証拠として着信画面は保管させていただきます。」

と参考に再度送ってみましょう。

相談者
相談者
でも、立ち合いをしないと不利になったりしませんか?
たすけ隊
たすけ隊
ご自身が傷をつけていないところが請求書に含まれる可能性はありますね。

でも立ち合いをすると、

・強く言われてサインを強要される

・何が負担かわからないので認めてしまう

・傷を認めろと脅迫されてしまう

・テキトーな事を言われても判断できない

・対応が悪く、不機嫌な対応をされる

・最初からの傷を伝えても相手にされない

・こちらからの主張は無視される

のデメリットの可能性と比べたらメールで証拠を残しながら、拒否する方がどれだけ良いかが分かるかと思われます。

相談者
相談者
それを考えると怖いですね。
たすけ隊
たすけ隊
ご自身が怖い思いをしないのが1番です。

女性ひとりでしたら特にオススメいたしません。

そもそも退去立ち合いをしない不動産会社も増えてきてますし、こちらに相談来られている方々の多くはメールのでみで解決しておりますよ。

たすけ隊
たすけ隊
物件の数だけ内容が違います。

下記のSNSからDMで無料相談受付中です。

 

退去立ち合いを拒否を詳しく

動画はどのように撮るの?

玄関から部屋を一周する感じで天井から地面までを静止画にした時にぼやけない程度にゆっくり撮ると後から確認しやすいですね。

 

ご自身で特に気になっている点は多めに撮ると気持ち的にも安心しやすいですよ。

 

 

契約書のどこをチェック?

契約書の条文に「乙からの解約」 等の記載があります。

「○○日前までに退去の連絡を~」

書かれている所をチェック

 

最後の特約欄

「退去時は立会業者と必ず立会い~」

と記載があるかチェック

 

 

拒否するならいつ伝える?

退去予定を連絡するタイミングがいいですね。

契約書によっては2ヶ月前に連絡だったりします。

たまに、

「退去の連絡を聞いてません。」

と言われる可能性もあるので、不動産会社のホームページのメールフォームや、家主なら必ずお手紙で送りましょう。

その際に、

「仕事で電話は取れないことがあるので、メールか留守電にお願いします。」

と一言入れておくといいですね。

必読 記録が大事
【必読】賃貸トラブルは『記録』が大事! トラブル80%以上OFF ▼ YouTubeで読む ▼ https://youtu.be/x6F9bEgkThk 『記録』がトラブルでは1...

 

 

 他に気をつけることはありますか?

悪徳の不動産会社の場合、

・連帯保証人に契約違反かのように連絡をする

・勝手に保証会社に取り立てを依頼する

・メールで脅してくる

・違法な債権回収会社に依頼する

といった事をしてきます。

事前に連帯保証人には連絡して、変だなと思ったらすぐにご相談ください。

 

 

まとめ

・退去立会いはデメリットがいっぱい

・メール最強説、証拠が大事

・そもそも虚偽の説明が多すぎる

・立ち合いをしない会社もある

・強要してきたら悪徳かも

・鬼着信は悪徳!

・取らずにメールで返事しましょう。

さらに詳しく

根拠①メールだと認めていない請求を拒否できる根拠

証明責任 6行目

「民事訴訟では実体法を基準に自己に有利な効果を発生させることを主張している者が原則として証明責任を負う」

お金を請求して有利な状況になる家主と不動産会社側が費用について証明責任を負いますので、

「入居時の写真」

「入居時に新品であった証拠の領収書」

等は相手側が準備しなければなりません

これがないのなら相手側の責任であり、支払う必要はありませんね。

 

 

根拠②退去立ち合いが法律ではない根拠

賃貸住宅標準契約書
【国土交通省】第11条

「乙は、甲に対して少なくとも 30 日前に解約の申入れを行うことにより、本契約を解約することができる。」

退去の連絡をすれば解約できるという意味です。立ち合いについてはどこにも記載はございません。

たすけ隊
たすけ隊
物件の数だけ内容が違います。

下記のSNSからDMで無料相談受付中です。