不動産 豆知識

賃貸の不動産会社を口コミ・評判

相談者
相談者
これまで相談を受けていて良い会社・ひどい会社はありますか?
たすけ隊
たすけ隊
はい。毎日の相談から相手側とのやりとり記録を精査し、最高レベルの口コミ地図を作成しました。

失敗しない部屋探しサイト3選 トラブル防止や営業されにくいおすすめ
【2022年版】部屋探しサイトおすすめ3選 トラブル防止と営業されにくいランキング 失敗しない部屋探しおすすめサイト おすすめ部屋探しサイト ランキング 安心! イエプラ ネ...
たすけ隊の定款

この法人は、不動産賃貸契約を結ぶ消費者に対して、退去時の敷金や原状回復に関する高額な費用請求等の退去に関する相談及び啓発事業を行い、消費センター等との連携も図りながら消費者の保護及び社会教育に寄与することを目的とする。

たすけ隊
たすけ隊
内閣府より許可のもと、消費者の保護活動・社会教育のために、悪質・違法性の高い業者の実際のやりとりを真実性のある事実として公表することで、さらなる被害防止と抑止に繋げることを目的としています。

名誉毀損の違法性阻却・免責に関する法理

真実性・相当性の法理

 

日本においては、事実の摘示による名誉毀損について、真実性の抗弁・相当性の抗弁が判例上認められている。日本の民事名誉毀損については刑法230条の2のような明文規定がないため、昭和41年6月23日の最高裁判所判決(民集20巻5号1118頁)が承認して以来判例理論によって認められているもので、刑法230条の2の趣旨を参考に表現の自由を保障する観点から設けられた免責事由である。

真実性・相当性の法理は、問題とされている表現行為が、特定人の社会的評価を低下させるものであっても、公共の具体的な利害に関係があることを事実を以って摘示するもので(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにあり(公益性)、摘示した事実が真実(真実性)または真実であると信ずるについて相当な理由のあるとき(真実相当性)は名誉毀損は成立しないとする法理である。

弁護士にも確認し、いただいた書類やメールの公開であればあおり運転動画監視カメラの映像公開と同じく、営業妨害や名誉棄損には当たらないとお返事をいただきましたので、実際に相談者からいただいた写真やメールのスクリーンショットを公開いたします。

なお、こちらは削除決定の裁判所からの通知があるまで削除には応じません。
判決が出るまでにいただいた書類やメールも公開させていただきます。